2か月前に通い始めた近所の絵画教室。昔から絵が上手に描けないので、1日も早く絵の腕をあげるための努力。

今通っている絵画教室と私の才能

今通っている絵画教室と私の才能

今通っている絵画教室と私の才能 夏から絵画教室に通い始めました。学生の頃から絵が上手に描けず、美術の写生大会は苦手で、いつも時間が余って困っていました。当然美術の成績も悪く、自分には絵に才能はゼロだと思っていました。それでも画集や美術館巡りは好きですし、戸外でイーゼルにキャンバスを立てて、美しい風景を描いている人を見るのも好きです。ちょっとしたネコや犬のイラストを描いても、これブタ?と間違えられるので、絵に関しては恥ずかしい記憶しかありません。こういった理由から思い切って初心者ながら絵画教室に通ってみる事にしました。

その絵画教室はガラス張りの広いドアから、中の様子が見えます。油の香りが漂うアトリエには、たくさんの油絵や水彩画が飾られており、何人かの生徒さんが無言でキャンバスに向かっていました。シャッシャッという音だけ聞こえます。初心者の私からみたら、その恰好だけでもプロのようです。先生は優しい方で、まず始めに自画像を描いてみましょうと言いました。人物画なんて、動物を描くより更に苦手です。とりあえず持参したスケッチブックに頼りない自分を描いてみました。あまりの出来映えに自分でも大笑いしそうでした。描き終わると紙の下に日付を描き、「半年後に描く絵と比べてみましょうね」といって次の課題を頂きました。紙と鉛筆の日が続きそうですが、他の生徒さんのようにキャンバスに向える日まで、本やTVの絵画の番組で勉強しながら、自分の才能を開花させたいと思います。

Copyright (C)2014今通っている絵画教室と私の才能.All rights reserved.